印鑑登録の廃止と新たな登録の手続き

印鑑登録の廃止と新たな登録の手続き

 

 

印鑑登録をして実印を持っている人が
引越しをする際に転出届を役所に出すと
印鑑登録は、自動的に廃止されます。

 

 

ただし、役所によっては、印鑑登録証の
返還を求めてくるところもあるので
事前に電話で確認しておいた方がいいです。

 

 

実印は、印鑑登録した市区町村に
住民票がある場合だけ法的な効力を持ちます。

 

 

ですから引っ越したら、
新しい住所の役所で新たに登録し直しましょう。

 

 

同じ市区町村に引っ越す場合は、
転居届を出して時点で
自動的に手続きが完了するので
なにもしなくていいです。

 

 

印鑑登録の手続きのやり方

 

手続きを行うのは、引越し先の住所の役所です。
住民登録のある市区町村の役所でしか出来ないので
先に転入届を出しておきましょう。

 

 

下記の2つを持って役所に行きましょう。

 

  1. 登録する印鑑
  2. 写真入りの身分証明証(運転免許証・パスポート)

 

 

なお登録出来る印鑑の条件が決まっています。

 

  • 外枠があるもの
  • 1辺が8ミリ以上25ミリ以下の正方形に収まるもの
  • ゴム印などの変形しやすい材質でないもの
  • 住民基本台帳、外国人登録に登録されている氏名の一部又はいずれかを表しているもの

 

この条件を満たしていれば
認め印でもかまいません。

 

ただし、誰でも簡単に手に入る印鑑を使うのは、
リスクを伴うので実印登録する印鑑は、
きちんとしたものを選びましょう。

 

 

手持ちの印鑑が登録できるか不安な場合は、
役所に電話で問い合わせてみましょう。