自分で引っ越しをするメリットとデメリット

自分で引っ越しをするメリットとデメリット

 

 

近場の引っ越しで荷物が少ない場合は
自分でレンタカーを借りて
引っ越しする方法もあります。

 

 

ここでは、自分で引っ越しする場合の
メリットとデメリットを説明していきます。

 

 

メリット

 

引越し料金を安く抑えることができる

 

うまくやれば引越しにかかる費用は
レンタカー代と友人への謝礼だけなので
引越し業者に頼むより安く済みます。

 

 

自分の好きな時に引越しができる

 

早朝でも夜遅い時間でも
平日でも土日でも
自分の好きな時に引越しができます。

 

 

友達と楽しく引越しができる

 

気を使わなくていい仲の良い友達だけで
引っ越しができるので楽しいイベントのような感覚で引越しできます。

 

 

 

 

デメリット

 

友人に謝礼を払う必要がある

 

引っ越しを手伝ってもらった友人に
謝礼を払うのが一般的です。

 

 

しかし謝礼がかさむと
引越し業者に頼んだ方が安かったという場合もありますし
友達の中には、全然働かず、謝礼を渡すのが嫌になることもあります。

 

 

荷物に対して人数があわない

 

素人が作業量にあった人数を判断するのは難しいです。
多くしすぎて謝礼が予想以上に増えたり
少なすぎて人手が足りない場合もあります。
また急に来られなくなって
大きな荷物が運べないということもありえます。

 

 

作業が進まない

 

仲の良いもの同士で作業すると
しゃべってしまったり、真剣に働かなかったりして
なかなか作業が進まないことがあります。

 

 

トラブルが起こりやすい

 

引越しのプロではないので
大きな荷物の搬入搬出ができなかったり
荷物を落としてしまい破損させたり
壁や床に傷をつけることがあります。

 

 

荷物の多い引越しは無理がある

 

レンタカーで引っ越しできるのはワンルームの限界です。
労力やトラブルを考えるとそれ以上は、
引越し業者に頼んだ方が賢明です。

 

 

中長距離の引っ越しは厳しい
距離が増えれば、時間もかかるので
レンタカー代やガソリン代が高くなってきます。

 

素人がやると時間のロスが多いので
近場の引っ越しだけにしておきましょう。

 

 

補償がない

 

引越し業者は保険に加入しているので
荷物の破損や紛失があっても補償してもらえます。

 

しかし、友達が荷物を壊すと
弁償してくれともいいづらいですし
友人関係が悪くなってしまう可能性もあります。